クーラボックス、ジャグ、ツールボックス、ラック

アウトドアテーブルとチェア以外のアイテムをまとめました

こちらも少しづつ買い足して、今ではかなりのお気に入りラインナップとなりました。

わがやのツール・クーラボックス・ジャグ・ラック

  1. YETI クーラーボックス ローディ24
  2. シアトルスポーツ フロストパック12QT
  3. MINTAGE ウォータージャグ
  4. スノーピーク シェルフコンテナ25
  5. オレゴニアンキャンパーポップアップ トラッシュボックス
  6. オレゴニアンキャンパー タイニー キャンプバケット
  7. キャンピングムーン フィールドラック
  8. キャプテンスタッグ アルミ ロールテーブル
  9. 自作薪置き

1.YETI クーラーボックス ローディ24

夏用のクーラとしてローディ24を選定。

色は他のアイテムとあわせてタンです。

こちらは保冷力バッチリ。

夏のソロキャンプで使うのとファミリーキャンプでは次のシアトルスポーツ フロストパック12QTとあわせて使っています。

両方のクーラボックスに共通するのは、750mlの瓶が縦にはいること。

ワインも日本酒も安心してもっていけます!

2.シアトルスポーツ フロストパック12QT

こちらは冬のソロキャンプとファミリーキャンプ用

二つの比較的小さなクーラボックスを用途にあわせて以下の3パターンで使い分けています。

  • 36QT(24+12)
  • 24QT
  • 12QT

クーラボックスで良く用いられる単位、1QT(クォート)は0.946353L(リットル)です。


3.MINTAGE ウォータージャグ 5L

ウォータジャグは、ペットボトルや水筒で代用できるので無くても良いアイテムですが、ビジュアルを重視するとジャグはあった方がよい。

とはいえ、ミニマリストとして最後まで購入を迷いました。

なのでジャグを購入した時、キャンプ道具でもう買い足すものはないな。と感じたことを覚えています。

結果的にとても愛らしいので買ってよかったと思っています。

あと、水場までの往復が格段に減りました。

4.スノーピーク シェルフコンテナ25

細々としたものを運ぶツールボックスにはシェルフコンテナを利用しています。

ツールボックスとしてだけでなく、キャンプ場でシェルフ(棚)にトランスフォームし大容量の収納となります。

このボックスを2つ持っていますが、ランタンとクッカーなどの小物はこの2つのコンテナに入る量しか買わないと決めています。

シェルフコンテナ25
シェルフコンテナ25 コンテナ時

<関連記事>

5.オレゴニアンキャンパーポップアップ トラッシュボックス

これは、ゴミ箱用に1つ、冷やさなくてよい食材用に1つで合計2つ持っています。

折りたためるので収納としてとても優れています。

ゴミ箱用は部屋でもゴミ箱として利用しています。

6.オレゴニアンキャンパー タイニー キャンプバケット

これは、ジャグの下に置くのと、洗い物を水場まで運ぶ用に買いました。

これを買ってキャンプ場で食器を洗うストレスがかなり軽減されました。

7.キャンピングムーン フィールドラック

フィールドラックは徐々に買い足し3つ持っています。

ジャグやバーナ、クッカー、テーブルウェアを使っていな時に置いておく、まさにフィールドのラックです。

これは便利なので際限なく購入しそうになりますが、収納ケースの容量を考えこれ以上買わないことにしています。

収納ケースには、ユニフレームの焚火台テーブルもあわせて3枚収納できます。

8.キャプテンスタッグ アルミ ロールテーブル

クーラボックスは地面から離した方が保冷力があがるのでYETIローディ24を置く代として購入

色はamazon限定の黒。ぴったりで満足しています。

9.自作薪置き

薪置きが欲しくて探していたのですが、良いものがなかったので自作しました。

これかなりお気に入りですが、酔って焚火した時に燃やしてしまわないか不安です。

<購入金額>

ガス(CB缶・OD缶)・ホワイトガソリン・電力?キャンプの持ち物を減らすためのミニマリストが考える動力源の統一

キャンプでは、照明や料理を行うための動力源を考える必要があります。

そしてキャンプ場へ持っていく物を減らしたりメンテナンスを楽にするには、動力源を統一することが望ましいです。


目次

  • 主な動力源
  • 動力源の統一について
  • 各動力源のオススメキャンプ道具


主な動力源

1.電力(電池)

電池式のアウトドアグッズはランタンなどあります。

電池の入れ替えが面倒ですが手軽で安価なものが多いです。

複数の電池アイテムを使う場合は電池の種類も統一したものを揃えることをおススメします。

電池

2.電力(充電式バッテリー)

充電バッテリー式のアウトドアグッズは、ランタンなどがあります。

家で充電して、アウトドアで利用します。

外でバッテリー切れを起こした場合、モバイルバッテリーなどから充電できます。

技術の進化により大容量のものが小さく、安くなってきています。

モバイルバッテリー

後述する大容量バッテリーを使うと、電気毛布やコタツ、高性能のバッテリーだとIHクッキングヒーターや電気ストーブなどの電化製品も利用可能です。

3.ガス(CB缶)

CB缶のアウトドアグッズはバーナなどがあります。一部ランタンもありますが数は少ないです。

CB缶はCassette Gas Bombeの略で、鍋などの時に使う家庭用カセットコンロのガス缶です。

SOTOのCB缶は1本300円程度と比較的安価です。

一方、温度の低い場所では後述のOD缶の方が着火しやすいと一般的に言われています。

しかし、最近は各メーカから寒冷地でも使えるという商品が出ています。

SOTOの場合、レギュラーガスは、液化ブタンだけですが寒冷地仕様可のパワーガスというものが発売されていて、液化ブタンに液化プロパンも混入されています。

CB缶

4.ガス(OD缶)

OD缶のアウトドアグッズはバーナに加え、本格的なランタンがあります。

OD缶はOutDoorの略で、アウトドアに特化しているガス缶です。

SOTOのOD缶はCB缶と同じ容量のものが600円程度。高性能な分、少しコストが高くなります。

OD缶

5.ホワイトガソリン

ホワイトガソリンのアウトドアグッズはバーナやランタンがあります。

100年以上の歴史のあるコールマンがホワイトガソリンを使った魅力的な名品を多く出しています。

長い歴史の中で使われているだけあって温度の低い場所での利用や安定した火力はアウトドアに一番適しています。

一方、利用するための準備やメンテナンスが一定必要で手軽さではガスの方が優れます。

ホワイトガソリン

6.薪と炭

木を燃やすというある意味一番歴史の古い動力源です。

(炭は薪を火力調整しやすい動力源として加工したものになります。)

雨の日の運用が極端に悪いのと、着火するのに時間がかかったり他の動力源が必要だったりします。

大黒オガ備長炭

動力源の統一について

薪と炭は、焚き火やBBQなどキャンプならではのエンターテイメントの要素が強いので別とします。

それ以外の動力源の道具を保有すると、それぞれ、電池、モバイルバッテリー、CB缶、OD缶、ホワイトガソリンを保有する必要があります。

そして、動力源の数だけ残量チェックや補充をする手間がかかります。

キャンプ道具を選ぶ際に動力源を統一すると、持ち運ぶものが少なくなるだけでなくメンテナンスの手間も省けます。

動力源の中で必ず必要なのは、電気です。

ガスやホワイトガソリンのランタンをテント内で使用すると、一酸化炭素中毒になるので照明は電池や充電式バッテリーで動くランタンが少なくとも一つは必要となります。

そのため動力源を一つに絞るなら電力(充電バッテリー)です。

動力が必要なキャンプ道具を全て電化製品にするオール電化。

しかし、キャンプのオール電化は、調理器具の電力の確保が難しいです。

(「調理は、全て焚火台でする!」という選択肢もありますが雨の日や撤収の直前など不便です。)

IH調理器具は、1000W程度使用します。

1000Wを出力するためには以下のどれかが必要です。

  1. 電源付きのサイト
  2. プリウスなど電源供給ができる車(プリウスは1500W可能)
  3. 大容量バッテリー(1000W出力できるものは、10万円以上します。)

<Jackery ポータブル電源 1000  278400mAh/1002Wh>

Jackery ポータブル電源 1000

<Jackery SolarSaga 100 ソーラーパネル >

Jackery SolarSaga 100 ソーラーパネル

私は、一酸化炭素中毒を気にせずテント内でも使えるメリットと、家庭用のモノと兼用できるケースが多いメリットから、将来的にはキャンプ用品のオール電化を図りたいと思っています。

家で使っている電気ストーブやホットプレートをそのまま使えるとモノをキャンプ用に増やす必要がありません。(両方1000W程度)

しかし、車はハイブリッドではなく、電源サイト以外のサイトにも行きたいですし、さらには大容量バッテリーが高いので今は躊躇しています。

私はオール電化を図るまでは、ガス(CB缶)を併用しています。

CB缶は鍋などで使うカセットコンロの動力源なのでコンビニなどで手軽に入手できますし、安価に運用できます。

ランタン系は、電力(充電バッテリー)のものに統一し、バーナ系は、ガス(CB缶)に統一しています。

家庭もオール電化が出る以前は照明は電気、調理はガス。が一般的だったのと同じ感覚です。

今後テクノロジーの進化により、大容量バッテリーは、さらに高性能化、大容量化、小型化、低価格化が図られるでしょう。

キャンプもバッテリーの進化とともにオール電化が普通の選択肢になると思います。

将来的にはgooglehomeもしくはamazon alexa対応のアウトドアグッズ何ていうのも出るかもしれません。

CB缶の代わりに高性能なOD缶をメインに据えると、コールマンのルミエールランタン・スノーピークのノクターンなどの魅力的なキャンプアイテムが使えます。

また、さらにアウトドアに特化したホワイトガソリンもコールマンのアニバーサリーシーズンランタンなどが使えるのでカッコイイと思います。

その場合、他のキャンプ道具の動力源もOD缶もしくはホワイトガソリン、に揃えるのが荷物を減らしたり、楽ができるコツです。

各動力源のオススメキャンプ道具

電池のオススメキャンプ道具

<GENTOS(ジェントス) LED ランタン EX-136S>

GENTOS(ジェントス) LED ランタン EX-136S

充電式バッテリーのオススメキャンプ道具

<ベアボーンズ ビーコンライト>

ベアボーンズ ビーコンライト

<WAQLEDランタン>

WAQLEDランタン

<LUMENA2>

LUMENA2

<アイリスオーヤマ IHコンロ 1000W>

アイリスオーヤマ IHコンロ 1000W

<アイリスオーヤマ 電気ストーブ 速暖 >

アイリスオーヤマ 電気ストーブ 速暖

<山善 電気敷毛布 (丸洗い可能)>

山善 電気敷毛布 (丸洗い可能)

CB缶のオススメキャンプ道具

<イワタニジュニアコンパクトバーナ>

イワタニジュニアコンパクトバーナ

<SOTOレギュレーターストーブ ST-330>

SOTOレギュレーターストーブ  ST-330

<ユニフレーム ツインバーナー>

ユニフレーム ツインバーナー

<SOTO スライドガストーチ ST-480>

SOTO スライドガストーチ ST-480

<SOTO フィールドチャッカー ST-Y450>

SOTO フィールドチャッカー ST-Y450

OD缶のオススメキャンプ道具

<コールマン(Coleman) ランタン ノーススター 2500 約1543ルーメン>

コールマン(Coleman) ランタン ノーススター 2500

<コールマン(Coleman)ルミエールランタン>

コールマン(Coleman)ルミエールランタン

<コールマン(Coleman)シングルバーナー シングルガスストーブ120A OD缶専用>

コールマン(Coleman)シングルバーナー シングルガスストーブ120A

<コールマン(Coleman) バーナー パワーハウスLPツーバーナーストーブ2 >

コールマン(Coleman) バーナー パワーハウスLPツーバーナーストーブ2

<スノーピーク(snow peak)ガスランタン リトルランプ ノクターン>

スノーピーク(snow peak)ガスランタン リトルランプ ノクターン

<スノーピーク(snow peak)バーナー ギガパワー マイクロマックス ウルトラライト GST-120R>

スノーピーク(snow peak)バーナー ギガパワー マイクロマックス ウルトラライト GST-120R

<スノーピーク(snow peak) フラットバーナー GS-450>

スノーピーク(snow peak) フラットバーナー GS-45

ホワイトガソリンのオススメキャンプ道具

<コールマン(Coleman) ランタン ワンマントルランタン 286A740J>

コールマン(Coleman) ランタン ワンマントルランタン 286A740J

<コールマン 2-バーナー デュアル パワーハウス 液体燃料 ストーブ >

コールマン 2-バーナー デュアル パワーハウス 液体燃料 ストーブ


https://minimalcamp.info/2022/02/15/minimalcamproom/
https://minimalcamp.info/walkequipment/
https://minimalcamp.info/tool/
https://minimalcamp.info/place/
https://minimalcamp.info/blog/
https://minimalcamp.info/2020/09/08/%e3%83%9f%e3%83%8b%e3%83%9e%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%88%e3%80%81%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%97%e6%b2%bc%e3%81%ab%e3%81%af%e3%81%be%e3%82%8b%e3%80%82/

人生は旅だ

お気に入りのモノだけを持って身軽に旅を楽しもう

Minimal Camp



スノーピークシェルフコンテナ25。シンデレラフィットの天板兼、間仕切のハコで驚きの収納力

10月に近くのL-Breathで予約していたスノーピークのシェルフコンテナ25が12月末になって、ようやく届きました。

直営などに電話して聞きましたが、年に数回しか作らないようで、予約をしても数ヶ月待つことは、よくある事のようです。

スノーピークのオンラインストアでは予約できず、現在も「入荷待ち」になっているので、逆に言うと、店舗で予約するのが唯一の定価での入手手段のようです。

このシェルフコンテナ、その名のとおり、持ち運びができるコンテナにもなり、キャンプ場ではシェルフ(棚)になるという優れもの。

モノを少しでも減らしたいミニマリスト向けにはうってつけのアイテムです。

大きさは以下のとおり

  • 外寸:52×32.5×21(高さ)cm ※HP記載
  • 内寸:41.9×30.1×19.8(高さ)cm ※おおよその実測

CB缶がちょうど縦に収納できます。

コンテナの高さを有効に使うために、収納ハコを用意しました。

シェルフコンテナシンデレラフィットハコ
間仕切りのハコ
シェルフコンテナ収納時
ほぼすべてのキャンプ道具が収納可能

右側のコンテナのハコはスキレットの上に置いています。左側のコンテナはハコの上にまな板を置いて、その上にもモノを置けるようにしています。

コンテナを立体的に使うと、収納力はかなり増えます。

四つのランタンが全てLEDなので省スペースなのと、バーナもシングル一つなので、すべての小物系キャンプ道具が二つのコンテナに収納でき、まだ余裕があります。

収納された主な物

コンテナからシェルフの変形はシンプルです。

まずは、ロックをはずします。

シェルフコンテナロック解除
上のコンテナはロック解除状態

その後左右にひっぱり広げて

シェルフコンテナ広げる
ロック解除して広げます

ロックするだけです。

シェルフコンテナ、シェルフ状態ロック
ロックします。

コンテナを両方とも広げることによりコンテナを重ねてもモノの出し入れができるシェルフになります。

シェルフコンテナ×2
シェルフ状態

元々、天板を買うつもりでしたが、偶然にもハコを2つ繋げると、ちょうど43.5cm×30cmになり、広げたシェルフコンテナの上に置くのにピッタリ。

結果、ハコも含めて大容量の棚となりました。

ハコは、近所のナチュラルキッチンという店で購入。大きさは30×21.8×10.9(高さ)cmです。

シェルフコンテナシンデレラフィットハコ×2
パラコード2本でハコを連結
シェルフコンテナ大容量のシェルフ状態
棚としての収納もまだまだ、余裕があります

キャンプでの収納不足ともこれでオサラバできそうです。

数ヶ月待った甲斐がありました。

amazonや楽天でも定価の10,780円(税込)から値上がりしている時が多いですが、すぐに欲しい時は便利です。

シェルフコンテナ25

シェルフコンテナにかけているオレゴニアンキャンパーのアウトドア キッチンペーパーホルダーも超便利アイテムでオススメです。

<関連記事>

https://minimalcamp.info/2021/06/12/shelcontop/


https://minimalcamp.info/2022/02/15/minimalcamproom/
https://minimalcamp.info/walkequipment/
https://minimalcamp.info/tool/
https://minimalcamp.info/place/
https://minimalcamp.info/blog/
https://minimalcamp.info/2020/09/08/%e3%83%9f%e3%83%8b%e3%83%9e%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%88%e3%80%81%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%97%e6%b2%bc%e3%81%ab%e3%81%af%e3%81%be%e3%82%8b%e3%80%82/

人生は旅だ

お気に入りのモノだけを持って身軽に旅を楽しもう

Minimal Camp



amazonタイムセールがお得すぎるので、おすすめキャンプ用品まとめてみました。(残り数時間)

amazonのタイムセールで、気になるキャンプアイテムがいくつか対象となっていたのでご紹介します。

モノによって残り数時間のモノもあるのでこのチャンスに是非!

1.Naturehike ハンガーラック

小物をいろいろかけるのに便利なハンガーラックです。耐荷重8㎏

ハンガーラックは折り畳みができて持ち運びが簡単ですよね。

タイムセールで2,966円です。

Naturehike ハンガーラック

2.Naturehike ハイ/ロー2WAYコット

ハイ/ローが切り替えられるフォールディングコットです。

耐荷重は150kg。 色は2色、収納バッグ付きです。

タイムセールで¥14,365

しかも更に¥1,690 OFFのクーポンがあるので、かなりお買い得です。

Naturehike ハイ/ロー2WAYコット

3.PEAKS&TREES ホットサンド メーカー シングル 

キャンプの朝にかかせないホットサンドメーカです。

上下取り外しができるのが、うらやましい(私のバウ・ルーはできません。)

タイムセールで¥3,459です。

PEAKS&TREES ホットサンド メーカー シングル

4.アウトドア焚き火テーブル55×30cm

何かと便利な焚火テーブル。シンプルな形なのでいろいろな使い方ができそうです。

収納ケース付きというのも持ち運び前提のアウトドアグッズを選ぶ大事なポイントです。

タイムセールで¥3,038

アウトドア焚き火テーブル55×30cm

5.ソーラーモバイルバッテリー (26800mAh)

アウトドアの必須アイテム。モバイルバッテリー。大容量の26800mAhです。

ソーラ充電ができるのと、LEDライトが付きという点で欲しくなります。

タイムセールで¥3,128

しかも20%オフクーポンがあるので2000円程度で購入できそうです。

ソーラーモバイルバッテリー (26800mAh)

6.折りたたみコンロ・焚火台

ソロで使えそうな小さい焚火台です。

とにかく安い。

タイムセールで¥1,600

折りたたみコンロ・焚火台

7.火吹き棒+火打ち石

火吹き棒をお持ちでない方は、この機会に是非

タイムセールで¥849

火吹き棒+火打ち石

以上、タイムセールで気になったキャンプ道具をまとめてみました。

他にもタイムセール商品はあるので興味があればみてみてください。




https://minimalcamp.info/2022/02/15/minimalcamproom/
https://minimalcamp.info/walkequipment/
https://minimalcamp.info/tool/
https://minimalcamp.info/place/
https://minimalcamp.info/blog/
https://minimalcamp.info/2020/09/08/%e3%83%9f%e3%83%8b%e3%83%9e%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%88%e3%80%81%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%97%e6%b2%bc%e3%81%ab%e3%81%af%e3%81%be%e3%82%8b%e3%80%82/

人生は旅だ

お気に入りのモノだけを持って身軽に旅を楽しもう

Minimal Camp

千葉県館山市「キャンプマナビス」海が間近に見える最高のロケーションのキャンプ場

2020年12月に千葉県の「キャンプマナビス」というキャンプ場へ行ってきました。

景色も設備もとてもキレイな高規格キャンプ場でした。

宿泊場所は大きく分けて「海サイト」「森サイト」「ログハウス」があります。

キャンプマナビス森サイト
森サイト
キャンプマナビスログハウス
ログハウス

私は、「海サイト」に宿泊しました。

https://youtu.be/jS9sRDXr7Nc
海サイト

海サイトは見ての通り、キレイな海を間近に感じることができます。

海へは歩いて数十メートルで行けますが遊泳は禁止です。

キャンプマナビス海サイト横
歩いてすぐの海辺でくつろげます。

房総半島のほぼ最南端西側なので相模湾と大島と太平洋が一望できます。

対岸には富士山も見え、景色は最高です。

また、設備もとても充実していて海サイトは全サイト電源付き、トイレがキャンプ場とは思えない綺麗さでした。

キャンプマナビス海サイトトイレ1
海サイトのトイレとシャワー。完全室内
キャンプマナビス海サイトトイレ2
とてもきれいです。
シャワーもあります

海サイトからは歩くと少し距離がありますが管理棟には温泉もあります。

キャンプマナビス温泉
管理等にある温泉

源泉掛け流し露天風呂。

露天風呂が一つあるだけですが景色がよく清潔で気持ちよかったです。

料金は600円。(表記料金すべて税抜き)当日であれば何度でも入れます。

サイトはチェックイン13時でチェックアウト11時です。

海サイトの料金は、7,000円~ですが、平日限定かつ2名までなら5,000円~です。

私はソロで日曜泊だったので平日扱いで5,000円でした。

薪は1種類1束600円です。

高井戸ICから東京湾アクアライン経由でおよそ2時間です。

道中の立ち寄りスポットとして、東京湾アクアラインの海に360度囲まれている「海ホタルPA」の景色は必見ですし、キャンプ場のすぐ手前にある「味処あさみ」も美味しくておススメです。

海ホタルからの景色
海ホタルからの東京。右の方にスカイツリー
味処あさみのアジフライ定食
味処あさみのアジフライ定食

今回はソロキャンプでしたが、次は気候の穏やかな時期にファミリーで来たいです。

その時も景色が抜群な海サイトにすると思います。

キャンプマナビス〒294-0234 千葉県館山市布良886

キャンプマナビス海サイト

<関連記事>

https://minimalcamp.info/2021/01/20/naminoko/


https://minimalcamp.info/2022/02/15/minimalcamproom/
https://minimalcamp.info/walkequipment/
https://minimalcamp.info/tool/
https://minimalcamp.info/place/
https://minimalcamp.info/blog/
https://minimalcamp.info/2020/09/08/%e3%83%9f%e3%83%8b%e3%83%9e%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%88%e3%80%81%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%97%e6%b2%bc%e3%81%ab%e3%81%af%e3%81%be%e3%82%8b%e3%80%82/

人生は旅だ

お気に入りのモノだけを持って身軽に旅を楽しもう

Minimal Camp



アウトドアでも家でも使える兼用ゴミ箱「オレゴニアン キャンパー テントインポップアップトラッシュボックス」

キャンプでは、食事を食べる度に、ほぼ必ずゴミが出ます。

そのゴミを机の上に放置したり、スーパーのビニール袋をゴミ箱代わりに使うと、せっかくお気に入りのチェアやテーブルを買って、かっこよくセッティングしていても、ビジュアル的には台無しです。

キャンプ場でも家と同じように快適に過ごそうと思うのであれば、ゴミ箱は必須アイテムです。

持ち運びが簡単で、デザインが良く、値段もそれほど高くないゴミ箱として、「Oregonian Camper (オレゴニアン キャンパー)テントイン ポップアップトラッシュボックス」をおススメします。

  • サイズ : 直径32cm、高さ27cm
  • 容量 : 約19L(amazon上の表記は、なぜか21L)
Oregonian Camper (オレゴニアン キャンパー)テントイン ポップアップトラッシュボックスの中
中には、6か所にボタンがついていて、ビニール袋をしっかり固定できます。
10lのゴミ袋
10lの市指定のゴミ袋が
Oregonian Camper (オレゴニアン キャンパー)テントイン ポップアップトラッシュボックスと市指定のゴミ袋
だいたいピッタリおさまります。
Oregonian Camper (オレゴニアン キャンパー)テントイン ポップアップトラッシュボックス
蓋があるので中身を隠せます
Oregonian Camper (オレゴニアン キャンパー)テントイン ポップアップトラッシュボックス折り畳み時
縦にたためるので、運搬時にも場所をとりません。

使い勝手が良かったので、今まで使っていた部屋用ゴミ箱は手放し、これを家でも使うようになりました。


https://minimalcamp.info/2022/02/15/minimalcamproom/
https://minimalcamp.info/walkequipment/
https://minimalcamp.info/tool/
https://minimalcamp.info/place/
https://minimalcamp.info/blog/
https://minimalcamp.info/2020/09/08/%e3%83%9f%e3%83%8b%e3%83%9e%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%88%e3%80%81%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%97%e6%b2%bc%e3%81%ab%e3%81%af%e3%81%be%e3%82%8b%e3%80%82/

人生は旅だ

お気に入りのモノだけを持って身軽に旅を楽しもう

Minimal Camp



アウトドアテーブル&チェア

アウトドアテーブルとチェアは、キャンプでもテントタープに続くサイトの顔なのでデザインには拘りたくなってきます。

一方、使い勝手もテント、タープと同じくらい大事なアイテムではないでしょうか

私はテーブルは一発で気に入るのが手に入りましたが、チェアはデザインや座り心地、収納サイズも大事なので何度も買いなおしてしまっています。

結果今ではかなりお気に入りのテーブルが2つ、アウトドアチェアが家族分の3脚となりました。

ロースタイルで統一し、キャンプだけでなく、公園レジャーでも大活躍です。


わが家のアウトドアテーブル

  1. ユニフレーム 焚き火テーブル
  2. FIELDOOR ウッドロールトップテーブル 90

わが家のアウトドアチェア

  1. スノーピーク ローチェア30✕2
  2. コールマン リラックスフォールディングベンチ
  3. 手放したもの

わが家のアウトドアテーブル

1.ユニフレーム 焚き火テーブル

ユニフレームの名品です。天板がステンレスなので、熱・キズ・汚れに強くガンガン使えます。

この上にバーナを置いて料理したり、熱々のスキレットをそのまま置いたりハードに使っています。

  • 約2.3kg
  • 使用時:約55×35×37cm
  • 収納時:約55×35×2.5cm
ユニフレーム焚火台テーブル

2.FIELDOOR ウッドロールトップテーブル 90

主に食卓として利用しています。

ウッド製で少し重いですが、とてもデザインが気に入っています。

  • 約7.4kg
  • 使用時 : 約90cm×60cm×45cm
  • 収納時 : 約90cm×23cm×12cm

<関連記事>

https://minimalcamp.info/2020/10/07/%e3%83%a6%e3%83%8b%e3%83%95%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%a0%e7%84%9a%e7%81%ab%e5%8f%b0%e3%83%86%e3%83%bc%e3%83%96%e3%83%ab%ef%bc%86fieldoor%e3%82%a6%e3%83%83%e3%83%89%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%88/

わが家のアウトドアチェア

1.スノーピーク ローチェア30

いくつかのひじ掛け付きローチェアを試した結果、たどり着いたのがこのチェアです。

とにかく座り心地が良い。

サイズの大きさと値段が玉に瑕ですが、それを補って余りある座り心地が、そこにはあります。

2脚持っていてどちらもカーキです。

  • 約 3.6kg
  • 使用時:約58×65×86(h)cm
  • 収納時:約16×18×101(h)cm
https://minimalcamp.info/2021/08/31/lowchair30/

2.コールマン リラックスフォールディングベンチ

2人用のチェアです。わが家では、いつも奥様と犬が並んで座っています。

私としては、収納サイズが大きくて持ち運びが大変なのですが、家族のお気に入りなので手放せません。

そして、2人用でこの値段はコスパ最強です。

  • 約 3.8kg
  • 使用時:約1080×580×670(h)mm
  • 収納時:約1080×100×600(h)mm
colemanベンチ

3.手放したもの

鎌倉天幕GLチェア

元々アウトドアテントのOEMメーカのテント屋が仲間のためにつくったレーベル、鎌倉天幕のチェアです。

ハイバックではないので、コンパクトに収納でき、かつ折り畳み、セッティングがとても楽です。

また、座面と背面が斜めになっているため座り心地がとても良いです。

しかし、スノーピークのローチェア30と比べた場合、ハイバック部分の大きさの関係上、座り心地は若干劣ります。また座面が斜めになっているため、立ったり座ったりすのが少し億劫になります。

値段、大きさ、座り心地のバランスがとても良いチェアですが、ローチェア30の購入時に手放しました。

  • 約3.7kg
  • 使用時:W 520 x D 650 x H 660mm
  • 収納時:W 180 x D 180 x H 880mm
  • 座面:W 450 x H 350mm
鎌倉天幕チェア

<関連記事>

https://minimalcamp.info/2020/10/21/%e3%83%9f%e3%83%8b%e3%83%9e%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%88%e3%80%81%e9%8e%8c%e5%80%89%e5%a4%a9%e5%b9%95%e3%81%aegl%e3%83%81%e3%82%a7%e3%82%a2%e3%82%92%e8%b2%b7%e3%81%86/

ハイランダーウッドフレームチェア

ハイランダーのウッドチェアーです。

簡単に折り畳みもできますし、少し時間はかかりますが分解することができ、かなり小さくなります。

カーミットチェアと形、大きさ、座り心地がとても似ていますが、圧倒的にコストパフォーマンスが高いです。

少しの余裕も倉庫にないので、ローチェア30購入時に手放しました。

  • 約3.3kg
  • 使用時:W 550×D 530×H 630mm
  • 収納時:W 130×D 110×H 570mm
  • 座面:H 320mm
ハイランダーウッドチェア

<関連記事>

https://minimalcamp.info/2020/10/07/%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%9f%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%81%e3%82%a7%e3%82%a2%e3%81%a8-%e3%83%8f%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%bc-%e3%82%a6%e3%83%83%e3%83%89%e3%83%95%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%a0/

コンパクトフォールディングチェア

本格的にキャンプを始める前に公園でデイキャンプをするように購入しました。

手軽に購入できたので、私がアウトドアが好きになるきっかけをくれたチェアです。

キレイな水色のチェアだったのですが、収納サイズが大きいのと、テントやタープと色とあわなくなってきたので手放しました。

<関連記事>

https://minimalcamp.info/2020/09/24/%e3%83%9f%e3%83%8b%e3%83%9e%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%88%e3%80%81%e3%82%a2%e3%82%a6%e3%83%88%e3%83%89%e3%82%a2%e3%83%81%e3%82%a7%e3%82%a2%e3%82%92%e8%b2%b7%e3%81%86%e3%80%82%e3%81%9d%e3%81%97%e3%81%a6/

<購入金額>


https://minimalcamp.info/2022/02/15/minimalcamproom/
https://minimalcamp.info/walkequipment/
https://minimalcamp.info/tool/
https://minimalcamp.info/place/
https://minimalcamp.info/blog/
https://minimalcamp.info/2020/09/08/%e3%83%9f%e3%83%8b%e3%83%9e%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%88%e3%80%81%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%97%e6%b2%bc%e3%81%ab%e3%81%af%e3%81%be%e3%82%8b%e3%80%82/

人生は旅だ

お気に入りのモノだけを持って身軽に旅を楽しもう

Minimal Camp



amazonブラックフライデーがお得すぎるので、おすすめキャンプ用品まとめてみました。(11月29日(日)本日まで多数)

amazonブラックフライデーが開催中です。

私が既に使っていてオススメのモノや、気になっていたキャンプアイテムがいくつか対象となっていたのでご紹介します。

モノによって11月29日(日)本日までのモノもあるのでこのチャンスに是非!

1.「UJack ハンマーランタンスタンド」

私も愛用している、ド定番ランタンスタンドがなんと3,120円。

ランタンスタンドを持っていない方には確実におすすめします。

あと2日。(11/29日AM5時表記)

2.【Amazon.co.jp限定】 コールマン(Coleman) アウトドアワゴン

こちらも私が愛用しているアウトドアワゴン。

色は、Amazon限定色オリーブ。私の持っている赤より、他のキャンプグッズにあわせやすそうです。

参考価格13,801円が、今なら10,130円。

11月29日(日)本日までです。

【Amazon.co.jp限定】 コールマン(Coleman) アウトドアワゴン

3.WAQ LEDランタン (1000ルーメン/10000mah/連続点灯24時間/PSE)

こちら私が今回のブラックフライデーで購入したモノです。

amazon売れ筋&人気NO1のWAQのLEDランタン。

なんと1000ルーメン。これさえあればキャンプ中、暗くて困ることはないでしょう。

参考価格9,980円が6,998円です。

あと2日。(11/29日AM5時表記)

WAQ LEDランタン

4.コールマン(Coleman) ランタン クアッドマルチパネルランタン LED 乾電池式 約800ルーメン

コールマンのLEDランタンも対象でした。

こちらもamazon限定色でかっこいい色です。

11月29日(日)本日までです。

コールマンLEDランタン

5.Jackery ポータブル電源 400 大容量112200mAh/400Wh

ド定番の大容量バッテリーも、通常より1万円程度安くなっています。

11月29日(日)本日までです。

Jackery ポータブル電源 400

6.Jackery SolarSaga 60 PRO ソーラーパネル

Jackery ポータブル電源にソーラ充電ができるパネルです。

この2つがあれば、キャンプでバッテリー切れすることは皆無でしょう。

いつかキャンプで日本一周する計画の私としては、欲しいアイテムなので迷い中です。

あと2日。(11/29日AM5時表記)

Jackery SolarSaga 60 PRO ソーラーパネル

以上6点、私が気になったキャンプ道具をまとめましたが、まだまだアイテムは多数あります。

この機会にキャンプ道具をチェックしてはいかがでしょうか


https://minimalcamp.info/2022/02/15/minimalcamproom/
https://minimalcamp.info/walkequipment/
https://minimalcamp.info/tool/
https://minimalcamp.info/place/
https://minimalcamp.info/blog/
https://minimalcamp.info/2020/09/08/%e3%83%9f%e3%83%8b%e3%83%9e%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%88%e3%80%81%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%97%e6%b2%bc%e3%81%ab%e3%81%af%e3%81%be%e3%82%8b%e3%80%82/

人生は旅だ

お気に入りのモノだけを持って身軽に旅を楽しもう

Minimal Camp



キャンプ用寝具

キャンプの一番の不安要素は、やはり夜です。

自然の中の夜を不安なく過ごすため、明るさを確保するランタンを揃えたり、寝室であるテントを揃えたり、準備をします。

キャンプを好きに嫌いになるかどうかは、夜を快適に過ごせるか否かにかかっていると言っても過言ではありません。

不安や寝心地の悪さ、寒さ、暑さにより寝れない夜を過ごすのは、苦痛以外の何物でもないでしょう。

ぐっすり眠れるかどうかを左右する主な道具である寝具をまとめてみました。


わが家の寝袋

  1. DOD わがやのシュラフ(夏用シュラフ)
  2. ハイランダー ダウンシュラフ 400
  3. NANGA オーロラ750DXALL BLACKレギュラー(AUR750dx)
  4. コールマンエクストリームウェザーマミー(冬用シュラフ)

その他の寝具

  1. DOD ソトネノサソイSサイズとMサイズ
  2. フィールドア(FIELDOOR)Wooden Outdoor Cot(コット)
  3. エルパソ サドルブランケット

わが家の寝袋

1.DOD わがやのシュラフ

ファミリーキャンプではいつもこれ、夫婦と娘と犬で川の字で寝ます。

大きさは、横230×縦200cm

2つに分けることもでき 横115cm×縦200cmの2人用寝袋になります。

1人分の寝袋を4つ使うよりも、セッティングや収納の作業時間がおおよそ1/4になります。

こちら春~秋用です。

アメニティドームMで使っていて、最適なサイズです。

わがやのシェラフ

2.ハイランダー ダウンシュラフ 400

暖かい季節のソロキャンプ用に購入しました。

ダウンシェラフは軽くて場所をとらないです。

一方値段が高い傾向ですが、こちらは春~秋用なのでそこまで高くはありません。

ハイランダー ダウンシュラフ 400

3.NANGA オーロラ750DXALL BLACKレギュラー(AUR750dx)

こちらは冬用のシェラフ

とても小さくなりますが、広げてしばらくすると大きくなりとても暖かいです。

さすがNANGA

山渓オンラインショップで買うと、納期がかかりますが他のショップより安価に買えるのでそちらで購入。

冬にキャンプをする人はこちらで計画的に購入するのをお勧めします。

NANGA オーロラ750DXALL BLACKレギュラー(AUR750dx)

4.コールマンエクストリームウェザーマミー

冬のキャンプにはまるか不明だったのでNANGAを買う前に安価なこちらを買いました。

大きく嵩張りますが、保温はある程度してくれます。

今はNANGAがあるので使っていませんが寝袋は非常時にも役に立ちそうなので、珍しく処分せず置いてあります。

(もしかしたら娘が冬に一緒にキャンプに行ってくれるという淡い期待も)

コールマンエクストリームウェザーマミー

<関連記事>

https://minimalcamp.info/2020/11/05/mummy/

その他の寝具

1.DOD ソトネノサソイ

厚さ4.5cmのエアマットです。

バブルを緩めるだけで空気がはいり膨らむので準備は簡単。

これにより地面のゴツゴツから体を守り、家のベッドで寝ているレベルの寝心地を得られます。しかも丸洗いできるブックカバー式のシーツ付きなので清潔に使えます。

連結式なので、家族が川の字になって寝るのに適しています。

大きさは以下です。

  • S 横60×縦192cm
  • M 横115×縦192cm
  • L 横140×縦192cm

私は、ソロキャンプ用の際はSを使うのと、ファミリーキャンプの時はSにMを連結して利用しています。

192cmの縦幅があるので180cmの身長の私でもゆったり使えます。

連結時は横幅175cmあるので3人+1匹(犬)でも十分です。

アメニティドームMの幕内スーペースは、まだ余裕があるのでS+L(横幅2m)にしても良かったかなと思います。

ソトネノサソイSはコットの上でも使えます。

ソトネノサソイ

2.フィールドア木製コット

私の冬用のテントのサーカスTCには床がないので、コットを導入しました。

コットは家でもソファー兼簡易ベッドとして部屋で使っています。

<関連記事>

https://minimalcamp.info/2020/10/22/cot/
https://minimalcamp.info/2020/10/25/room/

3.エルパソ サドルブランケット

ビジュアル向上のため購入しました。

カラーはサンドをチョイス。

部屋でも使っていて使用頻度のかなり高いお気に入りアイテムになっています。

エルパソ サドルブランケット

<購入金額>


https://minimalcamp.info/2022/02/15/minimalcamproom/
https://minimalcamp.info/walkequipment/
https://minimalcamp.info/tool/
https://minimalcamp.info/place/
https://minimalcamp.info/blog/
https://minimalcamp.info/2020/09/08/%e3%83%9f%e3%83%8b%e3%83%9e%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%88%e3%80%81%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%97%e6%b2%bc%e3%81%ab%e3%81%af%e3%81%be%e3%82%8b%e3%80%82/

人生は旅だ

お気に入りのモノだけを持って身軽に旅を楽しもう

Minimal Camp



予約のとれない山梨県「浩庵(こうあん)キャンプ場」混雑を避けて平日デイキャンプ

2020年11月に朝霧ジャンボリーオートでキャンプした帰りに浩庵キャンプ場に寄ってデイキャンプを楽しんできました。

朝霧ジャンボリーオートキャンプ場から139号線を東京へ帰る方へ進み、本栖の交差点を左折し本栖湖を半周したところにあります。

約20分です。

ご覧のとおり、とてもきれいな水質の本栖湖の向こう側に富士山が見えて、絶景です。

きれいな水質の本栖湖

浩庵キャンプ場のキャンプサイトは予約ができないので、(コテージのみ予約可)宿泊するのはハードルが高いのですが、富士山近郊のキャンプ場へ行った帰りに立ち寄るのは比較的容易ではないでしょうか。

とはいえ月曜日でも、想像以上に混んでいました。

下の地図ではテントサイトとなっていませんが本栖湖の岸辺が絶景ポイントです。

私は正午くらいにつきましたが、地図の左下側は満員だったのと、右下側は4WDでないと侵入禁止なので2WDの車だと月曜日でも、朝早くに行かないと湖の岸辺サイトはとれない可能性があります。

浩庵キャンプ場HPより

岸辺サイトからは以下のような景色が見えて、何時間居ても飽きません。

https://www.youtube.com/watch?v=DZ784irrQHU
浩庵キャンプ場
湖線の景色
湖線の景色

お昼ご飯を食べながら景色をゆっくり満喫しました。

本栖湖岸辺でランチ
本栖湖岸辺でランチ

料金はデイキャンプでテントもタープも張らなかったので、大人1名400円、車1台500円、合計900円と格安でした。

宿泊だと以下なので、2,600円~といったところでしょうか

大人(中学生以上) 1人1泊 600円
小人(小学生) 1人1泊 300円
テント設営料 1張1泊 1,000円
タープ設営料 1張1泊 500円
駐車場 1台1泊 1,000円
キャンプ料金表

いつかここへ宿泊キャンプをしに来たいと思います。

調布ICから2時間程度で着きます。

〒409-3104 山梨県南巨摩郡身延町中ノ倉2926


https://minimalcamp.info/2022/02/15/minimalcamproom/
https://minimalcamp.info/walkequipment/
https://minimalcamp.info/tool/
https://minimalcamp.info/place/
https://minimalcamp.info/blog/
https://minimalcamp.info/2020/09/08/%e3%83%9f%e3%83%8b%e3%83%9e%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%88%e3%80%81%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%97%e6%b2%bc%e3%81%ab%e3%81%af%e3%81%be%e3%82%8b%e3%80%82/

人生は旅だ

お気に入りのモノだけを持って身軽に旅を楽しもう

Minimal Camp