使い方を間違えなければCascade Wild ULテーブルはアルコールストーブを使っても溶けないことが判明

前回ULテーブルカスケードワイルド(65g)とエヴァニューのmulTidish(13g)を併用してカスケードワイルドが溶けた記事を書きました。

この組み合わせはNGかと思いましたが、溶けたところをよく見るとmulTidishの外側。

これはアルコールストーブの下側の温度が上がりすぎたのではなく輻射熱のせいだと気づきました。

前回の使い方は、EVERNEWのアルコールストーブ用スタンドDXの半分で使用。クッカーはそれよりも径の大きいEVERNEWのUltra lightパン#16という組み合わせ。

Cascade Wild ULテーブル

ちゃんとした使い方だと大丈夫では?と思いなおし検証しました。

EVERNEW純正のチタンゴトク TriveTiの上でお湯をわかし、しっかりとアルコールストーブとクッカーの距離をとります。

使うアルコールは30ml

Cascade Wild ULテーブル
Cascade Wild ULテーブル

しっかりとお湯がわきましたが

溶けません。

Cascade Wild ULテーブル
Cascade Wild ULテーブル

火が付いた状態でmulTidishを触って動かせるくらい大丈夫

前回はスタンドDXの下半分だけ使っていたのが大きな原因でした。

ただ、距離をとってもクッカーの径が大きいと輻射がmulTidishの幅を超えてくるので危険かもしれません。

運用上、カスケードワイルドの上でわざわざアルコールストーブを使うメリットはあまりないので、輻射熱を考えるとプラダンの上でアルストを使うのは、これからはやめようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です