スノーピークシェルフコンテナ25。シンデレラフィットの天板兼、間仕切のハコで驚きの収納力

10月に近くのL-Breathで予約していたスノーピークのシェルフコンテナ25が12月末になって、ようやく届きました。

直営などに電話して聞きましたが、年に数回しか作らないようで、予約をしても数ヶ月待つことは、よくある事のようです。

スノーピークのオンラインストアでは予約できず、現在も「入荷待ち」になっているので、逆に言うと、店舗で予約するのが唯一の定価での入手手段のようです。

このシェルフコンテナ、その名のとおり、持ち運びができるコンテナにもなり、キャンプ場ではシェルフ(棚)になるという優れもの。

モノを少しでも減らしたいミニマリスト向けにはうってつけのアイテムです。

大きさは以下のとおり

  • 外寸:52×32.5×21(高さ)cm ※HP記載
  • 内寸:41.9×30.1×19.8(高さ)cm ※おおよその実測

CB缶がちょうど縦に収納できます。

コンテナの高さを有効に使うために、収納ハコを用意しました。

シェルフコンテナシンデレラフィットハコ
間仕切りのハコ
シェルフコンテナ収納時
ほぼすべてのキャンプ道具が収納可能

右側のコンテナのハコはスキレットの上に置いています。左側のコンテナはハコの上にまな板を置いて、その上にもモノを置けるようにしています。

コンテナを立体的に使うと、収納力はかなり増えます。

四つのランタンが全てLEDなので省スペースなのと、バーナもシングル一つなので、すべての小物系キャンプ道具が二つのコンテナに収納でき、まだ余裕があります。

収納された主な物

コンテナからシェルフの変形はシンプルです。

まずは、ロックをはずします。

シェルフコンテナロック解除
上のコンテナはロック解除状態

その後左右にひっぱり広げて

シェルフコンテナ広げる
ロック解除して広げます

ロックするだけです。

シェルフコンテナ、シェルフ状態ロック
ロックします。

コンテナを両方とも広げることによりコンテナを重ねてもモノの出し入れができるシェルフになります。

シェルフコンテナ×2
シェルフ状態

元々、天板を買うつもりでしたが、偶然にもハコを2つ繋げると、ちょうど43.5cm×30cmになり、広げたシェルフコンテナの上に置くのにピッタリ。

結果、ハコも含めて大容量の棚となりました。

ハコは、近所のナチュラルキッチンという店で購入。大きさは30×21.8×10.9(高さ)cmです。

シェルフコンテナシンデレラフィットハコ×2
パラコード2本でハコを連結
シェルフコンテナ大容量のシェルフ状態
棚としての収納もまだまだ、余裕があります

キャンプでの収納不足ともこれでオサラバできそうです。

数ヶ月待った甲斐がありました。

amazonや楽天でも定価の10,780円(税込)から値上がりしている時が多いですが、すぐに欲しい時は便利です。

シェルフコンテナ25

シェルフコンテナにかけているオレゴニアンキャンパーのアウトドア キッチンペーパーホルダーも超便利アイテムでオススメです。

<関連記事>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です