ミニマリストのテント

キャンプのメインとなるテント。

キャンプをはじめる前はよくわからないことが多く、またたくさんの種類があるので一番迷うアイテムではないでしょうか。

私はテントを現在2張り持っています。

テントの購入を検討されている方に少しでも参考にでもなればと思い、私が2張りのテントを購入した理由や、実際に使ってみて良かった点、悪かった点などをお伝えできればと思います。


<私のテント>

  1. スノーピークアメニティドームM
  2. tent-mark DESIGNS サーカスTC

1.スノーピークアメニティドームM

はじめて購入したテントはスノーピークの定番中の定番です。

家族(大人2人、子ども1人、犬1匹)で利用することをメインにカタログスペックやブログのレビューなどの情報のみで選びました。

既にスノーピークのタープを持っていたのでスノーピークのテントの中から選んだ結果、アメドになりました。

アメニティドームM in ふもとっぱら with ファミリー
アメニティドームM in 黒坂オートキャンプ場
アメニティドームM in 新栄清里キャンプ場
アメニティドームM in ふもとっぱら ソロ

ヴォールトか、アメドか悩みましたが「ベンチレーションがついているので、ヴォールトより風通しが良い。」「ペグ打ちの数がアメドの方が少ない」という2点のレビューを見てこちらに決めました。

(ヴォールトの方がデザインは好きだったのと、インナーテントを取り外しシェルターとしても利用できるところも良さそうなので、今でも惹かれています。)

結果としてアメドは、レビューどおり風通しも良いので真夏でも使えますし、初心者でも簡単に張れました。

ファミリーキャンプにちょうど良いサイズですし、ソロキャンプでも使っています。

スカートがないので春~秋のみ利用しています。

<良かった点>

  • 風に強い
    想像していた以上に風が強いキャンプ場が多いです。アメドだとしっかり張り綱をペグダウンしておけば、まわりのテントが倒れだしても不安感はそれほどありません。
  • 家族(大人2人、子ども1人、犬1匹)で使うのにちょうど良い大きさ
    幕内で寝るのはもちろん、家族でトランプなどしても窮屈な感じはしないです。
  • ソロキャンプでも利用可能
    ドアポールを跳ね上げると、タープがわりにもなりテントだけで過ごせます。
  • かっこいい
    デザインに統一感があり、タープとテントを同じメーカにして良かったと思っています。

<残念な点>

  • 幕内で立てない
    150cm程度の高さなので、子どもは立てますが、大人は中腰です。
    とはいえ、150cmは、それほど窮屈ではないのと、低さは風に強い理由となっているので私としては許容範囲です。
  • キャンプ場でかぶる
    良いものはみんなが欲しがるので仕方ないですね。
  • その他
    冬は使えない。ソロで使うには設営が少し面倒。などありますが、そもそも3シーズンファミリー用テントなのでこちらも仕方ないです。

<関連記事>

2.tent-mark DESIGNS サーカスTC

ソロキャンプ用に購入しました。

最初のテントとしても検討していたのですが、初心者には床がないことがどういう影響を与えるのかわからなかったのと、そもそも売り切れで買えなかったのでアメニティードームMにしたという経緯があります。

結果的に、このテントはソロキャンプ用として最高でした。

コットと蚊帳を買えば、真夏もいけますし、薪ストーブをインストールすると真冬も活躍します。

サーカスTC in 朝霧ジャンボリーオート
アメニティドームM in なみのこ村
アメニティドームM in 黒坂オートキャンプ場
アメニティドームM in ウェルキャンプ西丹沢 幕内

<良かった点>

  • 張るのが超簡単
    アメドも張るのが簡単と言われていますが、ワンポールテントの張りやすさは感動ものでした。テントを張るよりタープを張る感覚に近いです。
  • オールシーズン使える
    スカートがついているので、真冬でも使えます
  • 薪ストーブが使える
    メーカ推奨ではないので自己責任でですが、TC素材かつ煙突を出す箇所を作りやすいので薪ストーブをインストールしやすいです。
  • かっこいい
    このテントのデザインは大好きです。

<残念な点>

  • キャンプ場でかぶる
    アメドと同じですが、良いものはみんなが欲しがるので仕方ないですね。
  • 虫がはいってくる。
    床がないので虫がでる季節には、メッシュシェルターなどの導入が必要です。メッシュインナーセット 4/5という純正品も販売されています。

サーカスTCは既に生産終了しており、WEB購入できるのは進化版のサーカスTCDXのみとなっています。

サーカスTCの片方入り口にサイドフラップ装備。
サイドフラップはファスナーで開けることもでき、タープの様に張り出す事も可能です。

<関連記事>

結果として、この2張りは購入してとても良かったと思っています。

どちらも、品質の割にコストパフォーマンスが素晴らしく良いです。

そして、使い勝手が良く、大きな不満はいまのところありません。

テントは、毎年メーカが知恵をしぼって魅力的なモノをリリースするので、他に目移りしてしまいがちですが、浮気せず大事に使っていきたいと思っています。

オートキャンプ前提で「ファミリーキャンプは暖かい時、ソロキャンプは通年」という私のような使い方であれば、この2張りのコンビネーションはとてもおススメです。

<購入金額>

<関連記事>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です