自分のキャンプ場をリスクなく持つ方法「フォレンタ(forenta)」の料金は

何度かキャンプに行くと

「キャンプ場の土地は不便なほど自然と触れ合えるので、かなり格安で入手できるのではないか。」

と考えてしまいます。

実際、キャンパーが山を購入するケースが増えてきているという報道も見かけます。

ただ、不動産を所有すると、維持管理、税金など、やっかいなことがとても増えます。

遠隔地ならなおさら大変だと思います。

キャンプブームがいつまで続くかわからない以上、保有した後に、メンテナンスができないなどの理由から手放したくなっても売却できないリスクがあります。

バブル期に数千万円したスキー場まわりの別荘を維持費が高いので手放そうとして売却価格を数十万円にしても、買い手がつかない話はよく聞きます。

「キャンプ場経営をする。」

まで腹をくくれば良いですが、この場合は事業なので成功するケースもあれば失敗するケースもあります。

いずれにせよ、保有するとリスクを抱えるのは明らかです。

(もちろんリスクがある以上、リターンがある可能性もあります。)

そのため、多少混んでいても、料金が高くなってきていてもキャンプ場の土地を都度レンタルする今の方法がベストな選択肢だと思っていました。

けれども、最近forentaというサービスが始まっていて、とても興味深いです。

forentaとは

ありきたりなキャンプ場ではつまらないキャンプ愛好家のために始めた、「森林レンタルサービス」です。

株式会社山共 フォレンタ事業部

ホームページによると、1年間のレンタルで6万円ほど。

所有ではないので税金もかからないし、1年で解約することも可能とのこと。

なんだか良さそうです。

土日でも確実に行けますし、年30回行けば、2,000円/1回です。

チェックイン、チェックアウトの時間も気にしなくて良さそうです。

ただ残念ながら、現在は岐阜県しかありませんでした。

googlemapによると自宅からは5時間。

山梨か埼玉あたりであれば、話を聞いてみたかったですが、とりあえず今回は断念しました。

名古屋圏の方は、是非チェックしてみてください。

ちなみにサムネイル写真はforentaの一画。

・・・ではなく、井の頭公園です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です