鎌倉天幕のGLチェアを買いました。

アウトドアチェアは、わが家で頻度多く使うアウトドアアイテムの一つです。

公園でご飯を食べるのに家族で使います。

また、私の部屋の椅子はアウトドアチェアのみになりました。

そしてベランダでお酒を飲みながらくつろぐときにも使います。

今のところ買い直しを唯一したアイテムですが、今回、鎌倉天幕のチェアを買い家族分揃いました。

鎌倉天幕は株式会社ニューテックジャパンという会社のブランドです。

元々アウトドアテントのOEMメーカの会社がテント屋が仲間のためにつくったレーベルだそうです。

なんだか良さそうなコンセプトです。

私がこのチェアを選んだのは、以下3点の基準です。

  • ローチェアであること。
  • 肘掛けがあること。
  • 収納が小さくなり、折りたたみが楽なこと。

今持っている、ハイランダーウッドフレームチェアを2脚購入することも考えたのですが、こちらは収納が小さくなるものの、分解するのは少し煩わしいです。

一方、鎌倉天幕GLチェアは、収納はハイランダーのチェアより小さくならないものの折り畳みはとても楽です。

ハイランダーチェアと鎌倉天幕チェア比較
ハイランダーチェアと鎌倉天幕チェア比較
ハイランダーチェアと鎌倉天幕チェア折り畳み時
ハイランダーチェアと鎌倉天幕チェア折り畳み時
ハイランダーチェアと鎌倉天幕チェア収納時
ハイランダーチェアと鎌倉天幕チェア収納時

座り心地は、鎌倉天幕の方が背面の傾斜が強いため、リラックスした座り方ができます。

一方、ローテーブルで作業するには、ハイランダーの方が向いている気がします。

しかし、座り心地にそれほど優劣はなく両方とも満足しています。

ハイランダーチェアと鎌倉天幕チェア側面からの比較
ハイランダーチェアと鎌倉天幕チェア側面からの比較

ハイランダーのチェアの方がフローリングを傷つけにくくなっているので私は部屋で使っています。

鎌倉天幕のチェアは試していませんがフローリングに後が残りそうなので、わが家ではベランダで利用しています。

脚の比較
ハイランダーチェアと鎌倉天幕チェア脚の比較

鎌倉天幕GLチェアのスペックは以下のとおりです。

サイズ
・使用時:W 520 x D 650 x H 660mm
・収納時:W 180 x D 180 x H 880mm
・座面:W 450 x H 350mm
重量 (約)3.7kg
素材
・フレーム:アルミニウム6063 T5
・生地:ポリエステル
・木材:ラバーウッド
耐荷重  150kg

わが家の鎌倉天幕GLチェア
わが家の鎌倉天幕GLチェア
鎌倉天幕チェア

<関連記事>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です