料理初心者でもユニフレーム10インチスキレットがあればおいしいキャンプ飯を作れます

キャンプの朝ごはんは、バウルーで解決したものの、他に調理できる道具は焚火台とセットになっている網しかない。

さすがに、毎回BBQとホットサンドだけとはいかないのでキャンプでのご飯を作る調理器具を調べました。

もちろん家の鍋やフライパンを持って行っても良いようですがキャンプ調理器具には大きく分けて

①コンパクトに収納できる調理器具

②焚火で使えるキャンプならではの調理器具

といった2種類がありました。

キャンプをはじめた動機が焚火だった私はもちろん後者に魅力を感じます。

代表は「ダッチオーブン」と「スキレット」

<老舗ロッジのダッチオーブン>

キャンプオーブン & グリル
ロッジのHPより

かっこいいですね。

しかし、ダッチオーブンは私が調べて受けたイメージは、料理の上級者が更においしい料理をつくるための道具。

特にロッジは料理上手をターゲットに、いろんな種類のダッチオーブンを出していて、むしろキャンプ用はメインではなさそうです。

私のような初心者はどれを買ったらよいかわかりません。

一方、スキレットはフライパンみたいだし、なんかハードル低そうです。

しかも、レビューには「お肉がおいしく焼ける」「餃子をおいしくつくれる」など。

なんだか簡単そう。

そこで、さらに間違いがないように「キャンプメーカの出しているスキレット」にしぼって探しました。

その中でも口コミがよかったのが、ユニフレームの10インチスキレットです。

ユニフレームスキレット
我が家のスキレット

多くのスキレットが鋳鉄(ちゅうてつ)でできているのですが、ユニフレームは黒皮鉄板でできています。

鋳鉄製のメリットはいろいろ探しましたがエイジングが黒光りしてかっこいい。以外はよくわかりません。

一方、黒皮鉄板のメリットは明確です。

メンテナンスが楽。洗剤で洗うことができます。

(逆に鋳鉄製は洗剤で洗うことができないらしく、その時点で今の私には無理です。)

詳しくは商品HPへ。

今まで料理しなかった私ですが、これを買ったおかげで、料理がだんだん楽しくなってきています。

作った料理は

・ステーキ
・ローストチキン(一羽まるごとではない)
・ローストビーフ
・燻製
・その他、焼きそば、目玉焼き、野菜炒めなど焼く料理全般

数えれるほどですが、私でも使いこなせるし、できた料理には大満足です。

特にステーキはおいしくできて最高です。

更に、スキレットの良いところは、焚火にそのままかけられるところです。

特に五徳など不要で、焚火の燃えている木の上や炭の上に「どんっ」とそのまま置いて調理できます。

焚き火に直スキレット

このスキレットを買ってから、焚火台のオプションのグリルブリッジや焼アミの出番がほぼなくなりました。

黒皮鉄板のエイジングもかっこよく、末永く大事にしたい一品でした。

<ユニフレーム 10インチ スキレット 6,600円>

スキレット

<ユニフレーム スキレット ハンドルカバー 1,500円>

スキレットは持ち手も熱くなるので、ハンドルカバーはあった方が便利です。

スキレットハンドルカバー

<専用収納ケース 2,900円>

収納ケースは専用だけあってぴったり収まるので買ってよかったとおもっています。

専用収納ケース

<10インチ底網 1,500円>

底網は燻製をするために、後から購入しました。

底網

私はソロキャンプとファミリーキャンプ兼用なので10インチですが、ソロ専用であれば、サイズはかなり小さいですが同じユニフレームから、ちびパンが出ていてかわいいです。

<ユニフレーム ちびパン 1,500円>

ちびパン

<関連記事>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です